FAQ

HOME FAQ

公立中高一貫校について

公立中高一貫校の特徴は何ですか。

  • 高校入試がないことなどによる時間的余裕を活用するとともに、6年間を見通した柔軟な教育課程の編成を行うことなどが可能となる「6年間を通した学びの連続性」
  • 現行の中学校・高校に比べ、幅広い異年齢集団が共に学習したり、様々な活動を行ったりすることが可能となる「幅広い異年齢集団による学び合い」
  • 中学校・高校の期間を通した6年間の学校生活において、様々な体験や教育活動の中で生徒が繰り返す試行錯誤をじっくり見守り、支援することが可能となる「6年間にわたる見守り」
    (札幌市中高一貫教育校設置 基本構想 札幌市教育委員会作成より)

2018年度入学者選抜方法について

募集人員 男女各80名(160名)
通学区域 札幌市内全域
選考資料 ①調査書(児童の状況調書、出願理由等説明書) ②適性検査 ③グループ活動
選考日 一次検査:2018年1月16日(火)
二次検査:2018年1月27日(土)
入学予定者の発表:2018年2月3日(土)
選考方法
  • 一次検査として「適性検査」を実施し、その結果と「調査書」の内容により、男女別に募集人員の2倍(男女各160人)以内までを一次検査通過者として選考する。
  • 一次検査通過者に対し、二次検査として「グループ活動」を実施する。
  • 「適性検査」の結果、「調査書」の内容、「グループ活動」の結果を総合的に評価し、中等教育学校での学校生活に対する適性を踏まえ、男女別に入学候補者を選考する。
出願状況 男女各80名の定員に対し、出願者数は男子386名(4.8倍)、女子347名(4.3倍)でした。

お申込みについて

申込方法は、ホームページ以外の方法もありますか。

模試の受付は、ホームページのみとなっております。フリーダイヤルでの模試の申込受付は行っておりません。
お電話では、お問い合わせのみの対応となっておりますので、ご了承ください。

お申し込み確認メールが届きません。

確認メールは自動送信になっております。ご入力いただいたメールアドレスが誤っているか、迷惑フォルダ(スパムメールフォルダ等)に仕分けされていることが考えられます。ご確認ください。
(ドメイン指定受信を設定してる方は、「kaisei-toppamosi.jp」を許可するドメインに追加してください。)

重ねてお申し込みしてしまいました。

お手数ですが、フリーダイヤルでご連絡いただければ削除いたします。

開成中突破模試について

当日参加できないので問題だけ送ってほしい。

会場で受験いただいてこそ初めて意義のある模試ですので、受験者の方のみお持ち帰りいただけます。
後日配布や郵送等の対応はしておりませんので、ご了承ください。

模試会場に、駐車場の用意はありますか。

駐車場はございませんので、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。 また近隣の道路への駐車もご遠慮いただいております。
交通誘導にご協力いただけない場合は受験をお断りします。予めご了承ください。

模試会場に、保護者が入ることはできますか。

お見送り、お迎えいずれの場合も入ることができません。また、模試会場には控え室がございません。 お迎えの場合は終了予定時刻以降にご来場されることをおすすめいたします。

模試の振替日はありますか。

受験者の公平を期すために一斉受験としています。実施日以外の受験はできません。
問題等は、当日の受験者のみ配付となります。予めご了承ください。

当日は上履きは必要ですか。

上履きが必要な会場もございます。郵送される受験票にてご確認ください。

開成中突破模試はほかの適性検査模試とは何が違いますか?

適性検査だけの内容でなく、教科の内容もしっかりと定着しているかを確認できるオリジナル問題を作成し出題しています。

Page Top